今必要なFW像とは

ノンカテゴリ

今必要なFW像とは
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

私は典型的な日本人FW像を思い起こそうとすると、すぐに柳沢敦のプレーが頭に浮かばれる。

近年でいうと辛うじて前田や、大枠でいうと柿谷も似たタイプかもしれない。

個人能力で得点を挙げるというよりは、日本代表には比較的豊富なパサーに生かされるタイプのFWが多いことに気がつく。

現日本代表の岡崎はというと、今までのFW像からするとよく中山雅史と比較されるが、その完成度は別格で、一旦話から外しておくほうが話が脱線しないと思われるので、話題の外においておく。

また、私が思い浮かべる典型的なFWというとポストプレーやオフザボールの動きで周りを生かして、得点を取らせるような所謂【チャンスメイカー】タイプだ。

日本がW杯で得点を思うように取れずに【得点力不足】を指摘されたのは、こうした経過がある。

2010年以前、要は岡崎の台頭前は、FW=チャンスメーカーであることの傾向は多くのサポーターが感じるところではなかろうか。

要はパサータイプのオフェンシブな中盤選手の延長線上のプレースタイルがそこにはあり、個人能力で得点を取ることに対して、日本人の個に限界があるからかもしれない。

それでも柳沢の後に日本代表のFWとして台頭したのは、物凄く似たタイプと言える玉田だった。

更に言えば柳沢の以前にFWとして君臨していたのは城だ。

しかし、ハッキリ言っちゃうと、これはFW、すなわちストライカーではない。

Jリーグ好きの私が言ってしまうのはなんだが、日本代表の中でやっていく上で、個で打開するレベルの選手はJリーグだけではほぼ現れることはないだろうと思った。

それは、Jリーグで得点を量産して大活躍の柿谷が異様な期待感の中であったが、得点というストライカーに最も必要な結果を残せなかったこと、スタイルは異なるが同じくJリーグの中で若くして得点が取れる選手のはずだった大迫、ジョーカー的に召集された大久保もそうだ。

前の二人は今は海外に渡ったが、得点どころか出場機会も十分に与えられていないからだが、出場機会が少ないのは【個で得点を取る】ことができないからに他ならない。

要するにJリーグのストライカーのレベルもしかり【日本で求められるストライカー像】というのは、世界とは大きな隔たりがあることと言えるだろう。

この定義は非常に難しいが、少なくとも2試合に一点くらいのペースで得点を取れるストライカーというのは、日本にはなかなか存在しないことは事実だと思う。

ちなみに試合数ベースになるが

福田正博  45試合 19得点 0.42点/試合 (1990~1995年)
三浦知良  89試合 55得点 0.62点/試合 (1990~2000年)
中山雅史  53試合 21得点 0.40点/試合 (1990~2003年)
高木琢也  44試合 27得点 0.61点/試合 (1992~1997年)
城彰二   35試合 7得点 0.20点/試合 (1995~2001年)
柳沢敦   58試合 17得点 0.29点/試合 (1998~2006年)
久保竜彦  32試合 11得点 0.33点/試合 (1998~2006年)
高原直泰  57試合 23得点 0.40点/試合 (2000~2008年)
鈴木隆行  55試合 11得点 0.20点/試合 (2001~2005年)
大久保嘉人 60試合 6得点 0.10点/試合 (2003~2014年)
玉田圭司  72試合 16得点 0.22点/試合 (2004~2010年)
巻誠一郎  38試合 8得点 0.21点/試合 (2005~2009年)
大黒将志  22試合 5得点 0.23点/試合 (2005~2008年)
前田遼一  33試合 10得点 0.33点/試合 (2007~2013年)
岡崎慎司  89試合 41得点 0.46点/試合 (2008~2015年)
ハーフナー 17試合 4得点 0.24点/試合 (2011~2013年)
大迫勇也  12試合 3得点 0.25点/試合 (2013~2014年)
柿谷曜一朗 18試合 5得点 0.28点/試合 (2013~2014年)

思い当たるところだとこんな感じになる。

ちなみに攻撃的MFと位置づけ、もしくはそれに類する特筆すべきような得点を挙げた主な選手の場合

森島寛晃  64試合 12得点 0.19点/試合 (1995~2000年)
名波浩   67試合 9得点 0.13点/試合 (1995~2001年)
中田英寿  77試合 11得点 0.14点/試合 (1997~2006年)
小野伸二  56試合 6得点 0.11点/試合 (1998~2008年)
中澤祐二  110試合 17得点 0.15点/試合 (1999~2010年)
福西崇史  64試合 7得点 0.11点/試合 (1999~2006年)
中村俊輔  98試合 24得点 0.24点/試合 (2000~2010年)
小笠原満男 55試合 7得点 0.13点/試合 (2002~2010年)
遠藤保仁  152試合 15得点 0.10点/試合 (2002~2015年)
中村憲剛  68試合 6得点 0.09点/試合 (2006~2013年)
本田圭祐  69試合 27得点 0.39点/試合 (2008~2015年)
香川真司  67試合 20得点 0.30点/試合 (2008~2015年)

あー疲れた 笑

森島、本田、香川辺りはかなりFWに近い位置でプレーして得点も期待されるアタッカータイプだし、一方で小野をわざわざ入れたが、福西や遠藤、名波もどちらかというと中盤の底でプレーする試合を作る側なので、何とも位置づけは難しいが、あえてこちらにピックアップした。

中澤はオマケで恐らくセットプレーからの得点がほとんどになるだろうが、彼でも0.15試合に1点を決めていることになり、これは全体の数値を見るとかなり期待値の高い数字になることが分かる。

ちなみに中澤を含めた彼らの得点÷試合数で平均的な数値化をするとは0.17点/試合/人となる。

純粋なトップ下、という印象だと中田英、中村、小笠原、本田、香川あたりで、実際には彼らのみで数値化すれば、0.25試合/点/人と激増する。

一方で先のFW陣の平均は0.35試合/点/人。

まあ、こんなことをしても仕方がないのだが、福田、三浦、中山、高木の90年代初頭の選手がかなり引っ張っているので、3-5-2の趨勢から所謂トップ下の存在、中田英が台頭したあたり、前述の4人を除く1990年代後半の選手のみを平均数値化すると、0.28点/試合/人となり、一選手当たりの得点期待値は更に上がっていることになる。

2000年代後半からはツートップ主流から徐々にワントップを採用する流れも出ているし、岡崎は2列目でプレーすることも多かったり、途中出場の扱いなどもあり、一概に何とも言えないが、ともかく、この数値から言えることは・・・

【2列目の選手の得点力に頼っている割合はかなり増えている】

ということになるだろう。

私が言いたいこと、

それじゃ【日本代表に選ばれるべきFWの役割って何なんだ?】

ということである。

今更だが、私はこの記事を書くことで、日本代表FWの存在を批判したいわけではないことを明記しておきたい。

それならそれで、この傾向を踏まえて、どう得点を取るのか、もしくは現状維持で得点を取られないようにするのか、この数値を増やすため、勝つためにシステムはどうするべきなのか、を議論したいがためである。

むしろ、得点を量産できるわけではないことは否定的にばかりなるべきことではない。

前置きが長くなったが、いよいよ次の記事でそれを踏まえて個人的な意見を記そうと思う。

出典 http://www.plus-blog.sportsnavi.com

ハリルJAPAN FW誰がベストか/

日本最強FWの「一度引く」という技 岡崎という男のプレー

中山雅史が考えるFW論

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸